ハウススタジオに関する情報が満載!

ハウススタジオが拘るポイント

ハウススタジオが拘るポイント ダンスの練習や写真の撮影など、様々な用途に応えるハウススタジオですが、最近では自宅をハウススタジオにする人もいるようです。
ですが、そうするためには防音設備などを含めて膨大な費用となってしまうため、一般的にはレンタルでスタジオを借りるのが一般的となっています。
そんなハウススタジオですが、一般的なスタジオ、つまり家ではなくホールのようなスタジオと違って拘るポイントがあります。
では、そんな拘るポイントについて詳しく見ていきましょう。
まず、写真撮影や映像の撮影に多く使われるのがハウススタジオですが、撮影の際に大事にされていることがその場の雰囲気です。
簡素で無機質な構造のホール型のスタジオと比べ、家であることから由来する木の温かみや、アクセントのつけられた空間が撮影に適した雰囲気を生み出しています。
これらの持ち味をうまく活かすように考えて装飾品などの環境が構築されているのです。
これが拘りの一つですが、その他の大きなポイントとして、自然光を多く取り入れられるということが挙げられます。
写真の撮影などには人口の光が使われることが確かに多いものですが、例えば、映画などの映像を撮影する場合、人工の光で撮影の補助をすることがあっても、中心となる光源はやはり外からの自然光なのです。
この自然光を多く取り込めるように考えられて設計されているところがスタジオが拘るポイントとなっています。

ハウススタジオでの撮影の仕組み

ハウススタジオでの撮影の仕組み ハウススタジオはスチール写真やCM、テレビ映像の一部の撮影などを目的として場所を借りてこれらを行う所です。
その他にもダンスの練習とか演劇や芝居の稽古をする場合にも利用されることもありますが、あくまでも練習目的で本格的に映画等を撮ることはないとされています。
ハウススタジオはその目的によって作りが変わって来ます。
立地条件が良く駐車場があり必要とする設備を備えていることが条件となります。
音楽関係の場合には防音設備、一般の場合は換気設備と温度調整設備が必要となります。
写真撮影の場合は照明器具やグリーンスクリーン、小道具や庭先の芝生などあれば条件の巾が広がります。
ダンスや芝居目的の場合には大きな鏡を必要とする場合も多いものです。
小物についてはテーブルや椅子、ソファー、人形、花瓶、階が、座布団その他がよく利用されるようです。
広さは撮影目的によって必要なスペースも変わってきます。
スペースとしてはアールのかかった部屋とか俯瞰撮影の出来る部屋が必要な場合があります。
洋館建てや和室の備わったもの、台所やレストランの作りになったところも必要となる場合があります。
書斎やオフィス環境、病院や学校の教室、工場や廃墟などシチュエーションごとに選択して利用することになります。

ハウススタジオ関連リンク

都心で格安なハウススタジオを紹介しています。

ハウススタジオ